寝ないとやはり調子が悪い。

画像


実は一昨日より小生、長岡に潜伏中である。
長野から長岡へ、東京から考えれば日本縦断である。何はともあれ、何事もぶった切るのは爽快である。

またそんな遠いところにと、もしアブダクションを真面目に心配する紳士、淑女がいるならば、それはKKベストセラーズや早川書房のミステリーの読みすぎである。
グレイ(宇宙人)はこんな中年を襲う程暇じゃないし、理由には当たらないが小生は至って健康優良児であると言い切れるくらい健康であり、まともでもある。

それはさておき小生は大の冷麺好きでもある。夏は冷やし中華より冷麺である。「あるこおる」ばかりをかっ食らっている場末のバーの隅の方にいるであろうトレンチコートの似合うハンサムガイは仮の姿である。
で、検索サイトに長岡冷麺なるものを発見するやいなや、思い立ったが吉日、思い立ったら一直線。これぞ日本の誉れ、皇軍万歳三唱、よっ千両役者、それでこそYou're king of kingsである。
が、直線に進むかと思いきや、ホテルでムフフだったり、友達の高野くん家に行ったり、またまたムフフだったりで、やっとの事今日の日をもって長岡冷麺とご対面である。紆余曲折ニヒリズム全開、やきもきさせるものである。

写真は駅前の某焼肉店の冷麺である、いや焼肉の食べかけである。決してキャトルミューティレーション中の肉の断片で無いのは言わずもがな。
焼肉店に行って冷麺を撮ったら看板に偽りあり、かなーと良かれと思って勝手に撮ったものである。九兵衛に入ったのに出てきた料理が牛丼だったら刃傷沙汰である。
しかし、肉のへたれ具合が妙に生活感を感じさせ、撮影者の観察眼が只者で無い事を物語る一枚ではないのだろうかだが、それは断じて無いのは・・である。
婆や(29歳)も連れて来ればよかったな。昨日、留守番電話に途中の内容は省略するが「てめー、ぶっ殺すからな(おそらく励まし)」的な伝言があったからな。まぁ、いいや。あはは。









暑い夏を元気に、と願いを込めて。越後 長岡小嶋屋越の海藻挽きそば・麺つゆ詰合せ【紀ノ国屋の御中元・送料込み】
e-shop KINOKUNIYA 楽天市場店
国産原材料使用。越後のへぎそばの腰の強さ、喉ごしなめらかさを乾麺でご堪能いただけます。> 紀ノ国屋の

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック